審美歯科・矯正歯科・ホワイトニング

症例一覧

 

当院での審美歯科治療

現在の歯並びが気になる方、変色など当院にご相談ください。 歯の形や大きさ、色の統一を出すために行う治療です。主にセラミックなどを用いて行います。

治療方法

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)の詰め物のことです。虫歯治療後などの、金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用いられます。ご自身の歯と同色で作成されるために、歯の持つ本来の自然な美しさに仕上がります。

esthetics_case1_01.jpg ico_03.gif esthetics_case1_02.jpg

セラミッククラウン

オールセラミックスは、セラミック(陶材)の単体のかぶせもののことです。
歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミッククラウンをかぶせることで、歯並びや咬み合わせだけではなく、見た目も美しく変えます。使用するセラミックは、天然の歯と同じくらいか、それ以上の強度がある陶材を使用しますので、金属アレルギーの心配がなく、インレー同様、歯の持つ本来の自然な美しさに仕上がります。

esthetics_case2_01.jpg ico_03.gif esthetics_case2_02.jpg

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mmくらい削り、その上に薄いセラミックを付け爪のように張り付けてしまう方法です。適応症としては、歯の黒ずみや、前歯にすき間が空いている場合です。このラミネートベニアは、歯の形を美しく変えられます。2~3回の通院で仕上がります。

esthetics_case3_01.jpg ico_03.gif esthetics_case3_02.jpg

コンポジットレジン

レジンという一種の樹脂を、虫歯を削って詰めるやり方です。色の変色が問題となることがしばしばあります。やりかえが容易であるので、気にならない程度に改善することが可能です。

esthetics_case4_01.jpg ico_03.gif esthetics_case4_02.jpg

メタルボンド

金属できたクラウンに陶器を焼きつけて作ります。最もポピュラーな歯の治療法です。装着後の満足度が高い治療法です。

esthetics_case5_01.jpg ico_03.gif esthetics_case5_02.jpg

 

セラミック冠(審美歯科症例)

この審美ケースはかなりこだわりました(難しかったです。)
ていねいな仕事をすることで患者さんも満足されたようです。

周囲の歯が個性が強くて、色見本と同じに作るだけではだめなケースです。
歯を作る職人さんに細かい注文を出した結果、違和感のない歯に仕上がったと思います。

仮歯ではまだまだです。(仮歯でもそこそこきれいに見える方もいますが。)

0de19e53465af73002d2a1b89c698404-300x199.jpg

 

歯を削って精密シリコンで型取り

2c3e29c4f370a42498fff8e63ad12399-300x218.jpg

写真も何枚か撮り、技工士さんへの情報提供を行います。

IMG_9792-150x150.jpgIMG_9795-150x150.jpg

 

そして完成

65175da47348c3ad03f918288e279615-300x199.jpg

自然観のある仕上がりです。

適合(と歯みがき)が非常によいので歯肉の状態大変良好です。

表面のつやの具合、微細なでこぼこ透明感、そして着色も再現しています。
技工士,歯科衛生士さんもいい仕事をしてくれました。

しっかりメンテナンスして、長持ちさせたいところです。

 

奥歯のセラミック症例(メタルボンド冠、審美歯科症例)

今回も美しい歯が入りました
(こんなケースばかり紹介しますと、

見た患者さんからのプレッシャーがかかりそうです(^^))

きれいで長持ちする歯を作りたいという男性。
過去、別の歯を治療して喜んでいただいたようです
今回もセラミック治療ご希望です。

ていねいに根っこの治療(根管治療)を行ったあと、

IMG_8168-300x200.jpg

時間の許す限りていねいに削り、仮歯をぴったりに作ります。

 

その理由は
歯肉のコンディション向上、出血しにくい状態
正確に削れているかのチェック、等のため

機能的で審美的な歯のための、トライアンドエラー

写真や文章で、技工士さんの多くの情報を伝え、・・。

それらを行うと1時間くらいはかかってしまいます

仮歯と合わせると2時間くらいかることも。

 

いつもの手続きを経て、後日完成した歯(お口の外)

お口の外で見ると茶色すぎる歯に見えますが、

 

IMG_8379-300x199.jpg

 

お口の中では

IMG_8375-300x199.jpg

 

さらに微調整をしてゴールです。

ドクターの好きなやり方は

治した歯がどれかわからない

精密な仕事と、色彩感覚、美意識、知識など総動員です。

一番大事なのは適合とかみ合わせです、大前提!!

患者さんのご希望も十分に伺います。

「元々の歯よりも、さりげなく白くして、自然な歯にして」

とかのご希望もチャレンジ精神かき立てられます。

 

先日のセラミックインレー(審美歯科症例、詰め物)

セラミックの詰め物(今回はイボクラー社のE-Max)を行いました。

術前

IMG_7309-300x199.jpg

 

 

術後 

fe7c4d352db7d66df2bf97b52d50e1f0-300x199.jpg

拡大すると

c47ec78115f7d9e0d580fc3c5dea0288-300x203.jpg
この適合度ならばデンタルフロスも快適に使用できるでしょう

過去、セラミックの詰め物がは、患者さんに勧めたくないと思う時期もありました。
適合悪く段差ができる。
破折しやすい等。
今では、安心して勧められるやり方になりました。

材料進歩もありますが、自分がそれを上手く取り扱えるようになったことが大きいかと。

セラミックインレーはやり方次第ではうまくも下手にもなります。

 

段差やすき間のない、色も調和した詰め物を作るためには、

拡大鏡(マイクロスコープやテレスコープ)を用いたドリリングや

精密シリコンでの型どりは必須と考えます。

写真撮影を行い、歯を作る技工士さんに、十分な情報を伝えます。

セラミック系の詰め物を接着する前には、必ず麻酔を行い、詰める場所を徹底的に清掃を行います。

等々。

いくつかの「成功パターン」を確立した現在は、確実性の高い「セラミック修復」ができるようになったと思います。

 

美しくて長持ちする、満足度の高いやり方です。

 

親知らず抜かないでおいて良かったですね(自家歯牙移植&審美歯科の症例)

左から2番目=第二大臼歯 →ダメージ大きすぎで →抜歯

左から1番目=おやしらず  →軽い虫歯     →まだダメージ少ない →利用価値はないか?

 

IMG_7175-300x199.jpgIMG_8429-300x199.jpg

 

第2大臼歯は第1大臼歯ほどではありませんが失うと大きな損失です。

抜けた所に歯を作る方法はいくつかありますが、今回はおやしらずの移植を選択しました。

自家歯牙移植治療にはCTが有効です。

撮影施設に行ってCTを撮ってきてもらいます。

(治療費を抑えるために外部委託です)

 

CTで診断

リスクを少なくして、手術時間の短縮に役立ちます。
CTgazou-matusima-sama-150x150.jpg

 

IMG_7175-300x199.jpg

 

まず抜きます

IMG_7176-300x199.jpg

抜いたおやしらずは再利用。
手前の抜いた場所に設置します。

後日

はじめからその場所に生えていた歯のようです。

IMG_8139-300x199.jpg

IMG_8137-300x199.jpgIMG_8136-300x199.jpg

歯肉の状態も抜群によいです。

ここに至るまでには、手間時間がかかっています

 

 

歯の固定期間も症例ごとに変えます。

多くは、途中で神経の治療も行います
その場合必ず、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使います。
そういったことも成功率に影響すると思います。

 

歯根膜の状態はよいようです。
以前別のサイトで書きましたが、
歯根膜感覚(圧感覚)があると「食べ物の固さ」を感じることができます
歯根膜感覚のない歯は「麻酔をかけた歯」のようになります。
良好な経過をたどった、歯牙移植に対して、
インプラント歯が太刀打ちできないところだと考えています。

いつもそうなるわけではありませんが、このケースでは歯根膜感覚が復活しました。
歯からの感覚情報を元に、脳は咬む力を繊細にコントロールします。
気分良く食事ができることでしょう。


 

ハイブリッドセラミックのケース(審美歯科、エステニア)

今回はハイブリッドセラミックのかぶせ物のケースです

ハイブリッドレジンという呼び方もされます。
代表的な商品名は「エステニア」で開発したのは「クラレ」
ちょっと古いですが、ミラバケッソとCMで鳴海璃子さんがしゃべっていた会社です。

当医院ではセカンドグレードのセラミックと位置づけています。

装着前

IMG_7808-300x199.jpg

装着後

IMG_7807-300x199.jpg
歯の根もとが濃い色~先端に向かって透明感が増えるといった

その方のオリジナルの色をオーダーメードで作ってゆきます。

なので見た目が自然です。(適合良好は言うまでもありません。)

セカンドグレードですが、かかる手間や時間は

トップグレードのセラミック冠と同じくらいかけます。

ハイブリッドセラミックの評価としては、医院やドクターの間で様々な意見があると思います
セラミックの廉価版である。体にやさしい素材である。
もしくはすり減りやすい。等々。

私は、適応症を見極めて設計の工夫で運用しています。

きちんと行えば、上の症例のようにハイレベルな歯が作れます。

比較的にローコストで。

 

セラミックの歯、ハイブリッドセラミックの歯、種々の金属の歯

それぞれ強みと弱みがあります。

簡単には書ききれないので、お気軽に質問なさって下さい。